ホーム|Home > 史学会大会|Annual meeting > 大会・例会案内

史学会大会・例会案内 |meeting schedule

史学会大会について

 史学会大会は、学会設立から10 年後の1899 年(明治32 年)に第1 回が開かれ、以降、関東大震災や第二次世界大戦、東大紛争による中止をのぞき、毎年1 回開催されてきました。
 初期の大会は、午後から夜にかけて講演および懇親の会を行うかたちで催されましたが、大正期に入ると、欧米の「全国史学者大会」にならい、内容が刷新、規模が拡大され、2~3 日間にわたり講演、懇親会、協議会などが行われるようになりました。1913 年(大正2 年)に開催された第15 回大会の内容をみますと、1 日目には史料・参考品の展示会、午後は箕作元八氏による公開講演が行われ、2 日目には前田侯爵家什宝展覧、午後には総会・晩餐会、そして3 日目には逓信省博物館・海軍参考館の観覧が実施されています。
 この後しばらく、公開講演、名家の什宝展覧を行うことが毎年の大会の慣例となりました。翌年の第16 回大会では、初めて国史・東洋史・西洋史の3 部会が開かれ、この部会発表は現在にいたるまで継続されています。
 戦後、大会は終戦翌年から再開され、公開講演と部会発表を主とし、併せて総会、懇親会を行う形式が定着しました。会期中、関連史料の展覧を東京大学史料編纂所や東洋文庫などで行う、博物館や美術館の企画展示の観覧の便宜をはかる、などの企画も実施されました。
 そして2002 年(平成14 年)には記念すべき100 回目をむかえ、「歴史学の最前線」と題する国際シンポジウムを開催しました。近年の大会は、1 日目にシンポジウムと総会、懇親会、2 日目に各部会での研究発表や小シンポジウムを行う形式をとり、会員以外の方々にも公開し、大勢の参加者にご参加いただいています。また、過去のシンポジウムの成果は、単行本として刊行されています。

第120 回大会情報

 本年の史学会大会は、11月12日(土)、13日(日)に開催いたします。1日目は公開シンポジウム、2日目には日本史、東洋史、西洋史の各部会をおこないます。事前申込制による対面方式で実施する予定です。以下より参加申し込み・参加費のお支払いをお願いいたします。本システムでのお申し込みができない場合は、shigakukai.taikai■gmail.com(■を@に変えてください)へご連絡ください。
 参加者には、大会プログラム・参加証を郵送いたします。なお、プログラム発送後は参加費の返金はいたしかねます。ご了承くださいますようお願いいたします。

参加申込はこちら(申込期間:10月24日~11月6日)
オンライン書籍展示はこちら 11月30日まで)

第120回史学会大会情報

開催日時:

2022年11月12日(土)・13日(日)

会場 :

東京大学本郷キャンパス

 

【1日目】 11月12日(土)

13:00~

公開シンポジウム 「君主号と歴史世界」

<司会>

  近藤 信彰(東京外国語大学)

<報告>

1.佐川 英治(東京大学)
「皇帝が「天子」を称するとき――中国の多元化と東部ユーラシア世界――」

2.杉山 清彦(東京大学) 
「ハン・ハーン・皇帝――中央ユーラシアと東アジアのなかの大清君主号――」

3.藤波 伸嘉(津田塾大学)
「バシレウスからスルタンへ?――ギリシア正教徒とオスマン君主号――」

4.中澤 達哉(早稲田大学)
「複合君主号「皇帝にして国王」と主権の分有
――ハプスブルク・ハンガリーの選挙王政と世襲王政――」

5.大津  透(東京大学)
「天皇号の成立と唐風化」

<コメント>

武内 房司(学習院大学)、近藤 信彰

<討論>

 

【2日目】 11月13日(日)

10:00~

日本史 古代史部会 

1 井上  翔

賦役令仕丁条の再検討

2 内田 敦士

『延喜式』仏教儀礼食事規定の基礎的研究

3 松田  茜

摂関期の政治構造における天皇の機能とその変容――過差の禁制にみる後朱雀天皇の政治姿勢を中心に――

4 井上 正望

古代・中世移行期における平安京の「内」と「外」

 

 

13:00~

日本史 中世史部会

1 袁   也

院政期の護持僧制度における天台僧の構成と修法活動

2 戸瀬 昌之

中世前期の朝廷儀礼の運営における蔵人の役割について

3 貝塚 啓希

鎌倉・南北朝期における東寺十八口供僧方の組織運営

4 玉土 大悟

南北朝期~室町期の今出川家における相続と擬制的親子関係の検討

5 藤田  聡

戦国期室町幕府の山城国支配

 

 

15:40~

日本史 近世史部会

1 宮脇  啓

近世前期佐賀藩鍋島家の早船役と「もやい」

2 ジョン・ダミコ

近江商人と地域社会――中井源左衛門家の石巻質店を事例に――

3 横山 伊徳

株仲間解散令第二条について

 

 

13:00~

日本史 近現代史部会

1 栗田  敦

明治一〇年前後における蚕種業に対する品質管理
――蚕種製造組合会議局の活動を中心に――

2 安藤 克真

戸水事件再考――東京帝国大学の「革新派」に注目して――

3 大窪 有太

帝国日本の民間航空政策

4 鈴木 健吾

「考古学が歴史学であるために」――小林行雄と戦後日本の国家起源論――

 

 

11:00~

東洋史部会

1 杉浦 仁誼

「羽」からみた秦漢時代の社会

2 金子 孝太

宋代銓選の諸問題――薦挙制度を中心として――

3 劉   洋

十六・十七世紀ポルトガル人による中国奴隷貿易とイエズス会の反応

4 新谷耕太郎

清代雍正年間河南省における省経費――耗羨帰公再考――

5 程 善 善

清末における中国人のインド旅行――一九〇五年の鄭世璜と陸濚のインド調査を中心に――

6 岡田 悠希

清末民国初期における四川糖市場について

7 佐藤 良聖

南京国民政府の漁業保護政策と日中関係

 

 

10:00~

西洋史部会

1 十川 雅浩

グラックス兄弟以前の護民官――執政官投獄事件を中心に――

2 岡本 孝信

アングロ=サクソン期イングランドの「王」の称号――皇帝号を中心に――

3 長澤 咲耶

カロリング期の説教テクストと聖書注釈について――ラバヌス・マウルスの著作を中心に――

4 岡本 勇貴

ドイツ国家国民党と対スペイン通商条約交渉――農業利益から見る団体主義的安定の一側面――

5 長谷川祐平

イギリスにおける帝国/コモンウェルスと欧州統合に対
する政策思想の系譜学――レオポルド・エイメリー(一八七三―一九五五)の役割に着目して――

6 須田りょう太

西ドイツにおける「戦後民主主義」と被追放民の統合問題――一九五三年連邦被追放民法を中心に――

7 松本祐生子

戦後のレニングラード における捕虜の処遇――都市での公開裁判を中心に――

 

 

 

 

オンライン書籍展示のご案内

 本年もオンライン書籍展示を開催いたします。史学会会員の皆さまはぜひご利用ください。期間は2022年11月30日までとなります。
 なお、本年は大会当日に会場でも、例年より規模を縮小して書籍展示を実施予定です

【参加出版社】

戎光祥出版 https://www.ebisukosyo.co.jp/app/Blogarticleview/index/ArticleId/47
汲古書院 http://www.kyuko.asia/files/SHIGAKUKAI.pdf
思文閣出版 https://www.shibunkaku.co.jp/shuppan/sonota/2022A_shigakukai.pdf
東京大学出版会 http://www.utp.or.jp/special/shigakukai2022/ 
刀水書房 http://www.tousuishobou.com/
注文時に史学会会員である旨をお伝えください。全点割引販売となります。 
東方書店 https://www.toho-shoten.co.jp/topic/shigakukai2020.html
塙書房 http://rr2.hanawashobo.co.jp/assets/static/images/original/20220914/shigaku_20220914.pdf
勉誠出版 https://bensei.jp/wpja2/wp-content/uploads/2022/10/shigakukai2022_autumn.pdf
八木書店 https://catalogue.books-yagi.co.jp/files/pub/pdf/202210shigakukai.pdf 
山川出版社

1)表紙(ご発注要領) 

2)新刊

3)近日刊行予定

4)一般書

5)日本史関連書

6)世界史関連書

過去の大会情報

第119 回(2021 年)

公開シンポジウム「世界主義の諸様相――コスモポリタニズム・
アジア主義・国際主義――」ほか

第118 回(2020 年)

各部会報告

第117 回(2019 年)

公開シンポジウム「天皇像の歴史を考える」ほか

第116 回(2018 年)

公開シンポジウム 「「奴隷」と隷属の世界史」ほか

第115 回(2017 年)

公開シンポジウム「ロシア革命と20世紀」ほか

第114 回(2016 年)

公開シンポジウム「水中遺跡の歴史学」ほか

第113 回(2015 年)

公開シンポジウム「歴史空間学の可能性」ほか

第112 回(2014 年)

公開シンポジウム「近代における戦争と災害・環境」ほか

第111 回(2013 年)

公開シンポジウム「帝国とその周辺」ほか

第110 回(2012 年)

公開シンポジウム「エスニシティと歴史学」ほか

第109 回(2011 年)

公開シンポジウム「歴史のなかの公と私」ほか

第108 回(2010 年)

公開シンポジウム「越境する歴史学と歴史認識」ほか

第107 回(2009 年)

公開シンポジウム「環境と歴史学」ほか

第106 回(2008 年)

公開シンポジウム「信仰における他者――異宗教・異宗派の受容

と排除の比較史論――」ほか

第105 回(2007 年)

公開シンポジウム「琉球からみた世界史」ほか

第104 回(2006 年)

公開シンポジウム「国民国家という問題――歴史の重みとどう向

き合うか」ほか

第103 回(2005 年)

公開シンポジウム「18 世紀の秩序問題」ほか

第102 回(2004 年)

公開シンポジウム「世界遺産と歴史学」ほか

第101 回(2003 年)

公開シンポジウム「第一次大戦と世界」ほか

第100 回(2002 年)

記念シンポジウム「歴史学の最前線」

例会

1 年に1 回開催される大会のほか、不定期で例会が開催されることがあります。
大会とおなじく、どなたでもご参加いただけます。

過去の開催例

2022 年 9 月25 日開催

「E・H・カー『歴史とは何か』を再読する」

 司会 勝田俊輔

 報告

  1.成田龍一(日本女子大学名誉教授)

  2.加藤陽子(東京大学)

  3.小山哲 (京都大学)

  4.吉澤誠一郎(東京大学)

 レスポンデント 近藤和彦(東京大学名誉教授)

2015 年 9 月5 日開催

「古代東国の地方官衙と寺院」

 

趣旨説明  古代東国の地方官衙と寺院 佐藤 信(東京大学)

報告1 評家と白鳳寺院 荒井秀規(藤沢市)
報告2 下寺尾官衙遺跡群の調査と保存
         ―相模国高座郡衙と下寺尾廃寺(七堂伽藍跡)―
                                            大村浩司(茅ヶ崎市教育委員会)
報告3 下総国埴生郡家と寺院    山路直充(市立市川考古博物館)
報告4 常陸国那珂郡家と寺院    川口武彦(文化庁)
報告5 上野国佐位郡家と上植木廃寺    出浦 崇(伊勢崎市教育委員会)
報告6 上野国新田郡家と寺井廃寺    中村 渉(太田市教育委員会)
報告7 武蔵国橘樹郡衙と影向寺遺跡    栗田一生(川崎市教育委員会)

シンポジウム(報告者・コメンテーター参加、司会・佐藤 信)
コメント1   近江俊秀(文化庁)
コメント2   鐘江宏之(学習院大学)

2007 年 5 月19 日開催

「17 世紀イギリスの3 王国と宗教」

報告者:金仲洛/コメンテータ:富田理恵

2004 年 6 月12 日開催

「18 世紀イングランドの公共圏におけるスキャンダルと政治」

報告者:ジョン・ブルーア

2003 年 1 月9 日開催

「学海を泳ぐ」

報告者:五味文彦

2002 年12 月12 日開催

「知の武士(もののふ)」

報告者:木村靖二